神の言葉を求めて


by iesukirisuto

御言葉をください2 

 「御言葉をください」を更新しようとして、パスワードを忘れてしまい、どうしようもなくて「御言葉をください2」という名前で、新しいブログを開設した。ケーキのような壁紙が趣味ではないが、それを改めるのも面倒なので、そのままにしておくしかない。

 このブログの読者は、そう多くないでしょうが、読んでくださっている方々に感謝しています。これからは「御言葉をください2」で検索してくださるうようにお願いいたします。既に、いくつか投稿しています。

 あるいは、kokakusouhachi でも検索できます。

あるいは, kyurios.exblog.jp
でも検索できます。

 あるいは、左の「お気に入りブログ」の欄の「御言葉をください2」をクリックしてくださっても 結構です。それが一番簡単です。

 こかく そうはち
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-09-03 14:26 | 随筆
 1936年、バルトがスイスに帰る前に講演した「福音と律法」という講演を、これで三度めくらいか、読み直した。「ルターとバルト」の相違を考えるのによいと思ったからである。
 よく理解できていると自分では思っていたが、思いかけず、最後の方が難解であることに気づいた。それでもバルトの言っていることの大体わかったと思う。
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-30 22:03 | 随筆

バルトのキリスト論

 バルトがいつ頃から、キリスト論に注目し、自分の神学の中核に置こうとしてきたのか、「教会教義学」の冒頭のところを読みながら考え始めたのであるが、どうも「エンヒュポタシス」の教説を発見した1924年ごろにさかのぼるらしい。1925/26年のヨハネによる福音書の講解を試みていて、そこでヨハネによる福音書の冒頭に取り組んでいて、これが案外大きいのかもしれない。

 またアンセルムスの「クール・デウス・ホモ」を大学の講義で取り扱い、やがてアンセルムス研究から「知解を求める信仰」を書いている。それが1931年。「教会教義学」のⅠ/1を出しているのが1932年である。「教会教義学」に入ったとき、キリスト論の大枠は定まっていたと思われる。
 同じように啓示概念に、バルトはいつから目を向けるようになったのかという問いがあるが、これは、おそらく、「ロマ書講解」の執筆をしていたとき、そのものに経験したことに由来しているのではないか。ブルームハルトの「神は神だ。世界は世界だ。」とキルケゴールの「永遠と時間の無限の質的相違」が、ヒントをバルトに与えていたのではないか。

 また「神の言葉」と「神の啓示」は、同時に彼に示されたことではなかったか。しかし、キリスト論的になるのは、「ロマ書講解」の後のことで、1927年の「義認と聖化」においては、まだ「教会教義学」を思わせるところがなく、まだ「ロマ書講解」を思わせる。しかし、1935年の「福音と律法」はきわめてキリスト論的である。今の段階では、1927年から1932年ぐらいの間に、キリスト論で探求を始めるという道が選び取られたようである。
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-29 17:45 | 随筆

ルターとバルト

 バルトの三位一体論を読みながら、自分が案外、ルター的なところがあるのに気づき始めている。

 わたしは、神というとき、まず創造者なる神を考え、イスラエルの解放者なる神を考えていたが、これは間違いで、永遠のおいては、神は永遠の父であり、永遠の子であり、永遠の霊であって、一人の神であり、その上で創造者なる神であり、和解者なる神であり、救済者なる神であるということである。御子は、永遠の昔から生きておられ、御子はみ父から生まれた。そして、父と子からそれぞれに永遠の霊が発出したのである。

 聖霊が、わたしたちに与えられるようになったのはペンテコステの出来事からであるにしても、聖霊がキリストから発出したのは、その時からのように思われるのは、わたしたちにそうなのであって、永遠の三位一体においては永遠の昔に父と子から発出したのである。

 わたしは、創世記第3章から原罪を考えていたが、キリストの十字架の上での死からバルトは考えている。原罪が克服されたところから、原罪を解き明かそうとしている。

 わたしは、ドストエフスキーやミルトンやアウグスティヌスによって導かれて考えてきたので、バルトの言っていることが最初はとても受け入れられなかった。しかし、新約聖書の言っているところに従えば、むしろバルトの方が正しいのであろう。

 またわたしはドストエフスキーによって神義論に導かれたのであるが、これは、よい面と悪い面があったであろう。

 バルトほど徹底してイエス・キリストから離れず、キリスト論に集中することによって、それ以前にもそれ以後にもいないであろう。このキリスト論をとって離さなかったことによって、バルトは神学において決定的な貢献をしたのである。

 わたしは律法から罪を考えた。バルトは、キリストから十字架から考えた。

 バルトは徹底して考えている。今回、わたしは、彼の思考を徹底して追考することを試みて、いかに自分が考えてこなかったかということを思い知らされている。
 わたしは父なる神と子なる神を二神論的に考える傾向があったのではないか。
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-27 13:31 | 随筆

バルトの三位一体論

 カール・バルトの「教会教義学」を最初から、順番を追って読みなおそうという気持ちになって、まず1節から7節までの、「教義学の規準としての神の言葉」のところ、このところが第1章になっているのだが、ここをまず読み直した。その上で、第2章「神の啓示」のところを読み直している。この第2章は、「三位一体の神」「言葉の受肉」「聖霊の注ぎ」で構成されている。第3章は「聖書」第4章は「教会の宣教」。
 三位一体のところは、もう何度も読んでいるところで、もう何か特に新しいことが学べるとは思っていなかったのだが、それがいかに大きな考え違いがわかった。驚いたのは、バルトが、イエス・キリストの啓示をいかに決定的に重要だと考えているか、ということである。彼は、神も、啓示も、神の言葉も、イエス・キリストから一歩もはずれまいと固く決意して、少しも揺るがない。おそらく、バルトは、そのことをヨハネによる福音書の研究から深く学んだのであろう。
 バルトが「罪」のことを考えるとき、創世記第3章から始めないで、イエス・キリストの十字架の死を起点として考えたことは、わたしには驚きだったが、同じように、彼は、イエス・キリストの死と復活から創造主なる神、父なる神に目を向けるのである。創世記第1章から、バルトは創造主なる神を考えないで、イエスの死と復活から創造主なる神を考えたのである。このような道筋を通ったのは、バルトが「ロマ書講解」で、決定的に重大なことを「神に示された」からだと思う。バルトは、ロマ書を通って、創世記に達したのである。「教会教義学」の冒頭で、既にバルトは、非常に自覚的に、作業を進めている。「教会教義学」は冒頭から、きわめてキリスト論的なのである。
 わたしは「知解を求める信仰」を読み終えて、バルトの基本的に重要なことは理解できた、と思っていた。しかし、それは、とんでもない考え違いだった。「知解を求める信仰」は、1930年に書かれており、1932年に「教会教義学」の第1巻第1分冊が出版されている。そこでは、既に「三位一体論」が書き記されているのである。私は、やっとバルト理解の端緒に立っているのであろう。
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-26 23:20 | 随筆
「教義学の規準としての聖書」ではなく、「教義学の規準としての神の言葉」を論じなければならなかったところに、バルトの置かれていた神学的な環境というものがある。宗教改革から400年たっていたのである。
「聖書」ではすまなくなっていた。「神の言葉」を問わなければならなかった。
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-19 10:29 | 評論

神の言葉の神学

「神の言葉の神学」とは、カール・バルトの「教会教義学」のことである。ここ3週間ほど、風邪をひいてなかなか直らず、下痢を起こして、全く気力を失ってしまっていた。腹巻きをし、腸をいたわっていると徐々に体調を回復しつつある。なんとか元気をつけたいと思って、最初から読み直し始めていた「教会教義学」の一番はじめの「教義学序説」のところを読み続け始めた。
 それで、今までになくわたしにはっきりしてきたのは、バルトは、1932年の時点で、宗教改革の神学を今日的に続行しようとした、ということである。宗教改革者たちにも「教義学序説」はあった、それは聖書原理だった、それを今日では神の言葉を論ずるという形で行わなければならない、とバルトは言っている。「神論」に入る前の、「教義学序説」の部分、つまり「神の言葉の神学」の部分は、宗教改革者たちの聖書原理に相当する部分なのである。
 結局、シュライエルマッハーを代表とする近代合理主義神学が力をふるうようになったということが、バルトが「教会教義学」を書かなければならない立場に追い込んだということであろう。バルトは、「ロマ書講解」で始めたことをさらに自覚的に続行したのである。しかも、今度は、自分のしようとしていることがどういうことか、強烈に自覚して使命感に燃えて、渾身の力をこめて執筆していることがわかる。大変なものだ。
 この最初の部分を発表した2年後にバルメン宣言を出すことになるが、その準備を知らずにしていた、という言い方もできよう。日本では、この部分の翻訳は教会教義学全体の最後に翻訳されたが、翻訳の順番が正しかったかどうかには疑問がある。翻訳者が頼まれていたことをすすめなかったという事情があるであろうが。
 バルトは、まだまだ理解されていない人であるということをあらためて思う。
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-19 10:22 | 評論
 この書物は、1989年に購読したもので、正確には再読ではなく、三回目の読書となった。

 読んでみて、いろいろ新しいことを発見した。特に、福島第一原発の事故が起きた後に読んでいるので、何か非常に共通したものを感じている。読み切ったとは思えない。そもそも、そういうことの言えない書物であろう。名著だが、今どれだけの人が知っているのか。
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-08 18:00 | 随筆

教会闘争ということ

 「教会闘争」というと、わたしたちはすぐ「ドイツ教会闘争」を思い浮かべるが、ドイツ教会闘争がどのように起こったか、考えてみると、バルトのニーメラーという二人の人がいなければ起こらなかったのではないか。
 ルターは、宗教改革を始めたとき、宗教改革を始めようとか、教会闘争をしようとか思ったわけではないだろう。彼は、免罪符はおかしいと思って、95ケ条の提題をあげたのであって、これが宗教改革になっていったのである。
 ドイツ教会闘争は、帝国監督という制度が、ナチス国家から押し付けられたのに対する「否」から始まったのである。バルトによれば、それはそれまでの、自然神学的伝統が実ったということであって、それを定式化したのがバルメン宣言ということになろう。
 日本基督教団においても、成立時に、「統理」という監督的なものが導入されたのだった。ただ、日本の教会の歴史は浅く、神学的な議論ができるような段階にはまだ入っていないのではないか。
アメリカの教会についてボンヘッファーは、「宗教改革なきプロテスタンティズム」と言ったが、日本の教会もそうであろう。
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-02 11:20 | 随筆

一人で戦うこと

 一人で戦うことと、共に戦うこと。教会闘争というものについて考えていて、このことを思った。宗教改革は、ルターがいなければ始まらなかったであろうか。
 果たして、日本基督教団で教会闘争というべきものが起きるだろうか。
 今や、日本基督教団が大きな危機にあることは否めまい。しかし、日本基督教団に、本当に宗教改革的信仰があるか、ということになると、どれだけ確かと言えるだろうか。今の、日本基督教団には、ルター派も改革派もいない。旧日本基督教会系の教会は、保守的・頑迷になっていると思われる。バルト神学が中核になりうるとしても、宗教改革的な基盤がどれだけ、今日の日本基督教団にあるのか。
 一人のエリヤとバアルにひざをかかがめない7000人。
 
[PR]
# by iesukirisuto | 2011-07-01 22:53 | 随筆